あとがき愛読党ブログ

本文まで読んでいることを保証するものではありません

2021-01-01から1年間の記事一覧

あとがき34 書名は短いほうがいい?:東川徳治編『典海』(法政大學出版部、1930)

学術的な編纂物の名は、短いほうがなぜか本格的な感じがしませんか? たとえば、小学館『日本国語大辞典』は、これ以上ないシンプルかつ力強い書名だが、すこし味気ない。東京大学出版会が刊行している『古語大鑑』は、よくぞその書名で出してくれたという感…